年越しの食卓は?

d0113758_16295768.jpg

正月料理が、残るはようやくかずのこのみになった我が家です。
これはルクのオーバル27に半分以上作った筑前煮。昨日終了(笑)
私の実家もそうでしたが、義母もお節料理はかなり省略してた人なので、
毎年楽させてもらってます。作ってるのは筑前煮とかずのこだけ~。
どちらの家でも伊達巻や黒豆、紅白なますなどは好んで食べないものだから、
あとは紅白かまぼこ・栗きんとん・鬼がら焼きなどを買ってくるのみです。

kimi家の場合、元日の昼食が上記のようなお節料理に加えて、
マグロ・カニ・塊のハム(今年は私が作った焼き豚)を、ご飯と澄まし汁で食べます。
お雑煮は元日の朝に。これは実家と一緒です。
この元日に食べるマグロが毎年困りモノなんですよね~。
冷凍のさくを買ってきて、当日解凍して食べるわけですが、
なかなかうまく解凍できないのです。今年もシャリシャリしてた(^^;
元日に開いてるスーパーで刺身を買うという手もありますが、
せっかくいい魚屋があるのだから・・・って、解凍うまくいってなきゃ一緒か(笑)
実家では大晦日に、美味しい刺身を買ってきて食べていたので、
余計に解凍うまくいかないマグロを食べるとわびしくてね~。

大晦日の夕食、みなさんはどんなメニューでしょうか?
年末の新聞に載っていた記事ですが、
「中部以西(中部だけだったかも)では大晦日にご馳走を食べる」傾向があるそうです。
両親は中部出身、しかも母の実家は元々長野の家。
大いに思い当たります。確かに大晦日の方がご馳走だった~!
実家では大晦日、夕食として刺身・茶碗蒸し・ご飯・澄まし汁を食べ、
21時頃なぜかケーキを食べ(これはたぶん母のオリジナルだと思う・笑)、
23時頃にざるそばを食べます。さすがにそばは少なめ(^^;

これに対し、義父義母共に江戸っ子のkimi家の大晦日は天ぷらそばのみ!
上記のような育ち方してた私なので、いやーたまげました。寂しい~!
あんまり寂しいので、今年は小松菜のおひたしを加えました。
そしてちゃっかりケーキも(笑)
今年の年末には、茶碗蒸しを加えてみようと画策中。増やす分にはいいよね。

お雑煮の違いは微妙だったので、ラッキーな方かな。
実家のお雑煮は、たぶん母方の飯田か松本あたりの流れだと思います。
澄まし汁に小松菜・さといも・鶏ささみ・三つ葉・焼餅が入ります。
kimi家のものは、澄まし汁に小松菜・さといも・焼餅だそう。
料理は全部任せてもらってたので、試しに最初の年から実家バージョンを作りました。
幸い好評だったのでそのまま実家バージョン作ってます。

kimiさんも今日から仕事始め。
お弁当作りも再開して一気に日常が帰ってきました。
なんだかまだ感覚が戻ってないな~。早く生活リズムを取り戻さなくては!
[PR]
by katze-moco | 2010-01-05 17:07 | 暮らし