2007年 11月 09日 ( 1 )

みどりのゆび

RIKAさんのブログでのコメントにちょっと書いたんだけど。
「みどりのゆび」というフランスの童話があります。
童話と言ってもかなーり深いお話で、「星の王子さま」に通じるものがあるかも。
チトという男の子が主人公で、
種が埋もれている場所を親指で触るだけで、その種を発芽させることができます。
私がこの話を読んだのは小学生の頃ですが、
その最後は子供心にちょっと痛かったのを覚えています。
「触るだけで眠っていた種を芽吹かせることができる」チトの力から、
優秀なガーデナーを「みどりのゆびを持っている人」と言うとか言わないとか。

私の母は、気が付けばいつも庭にいるような人です。
物心付いた頃には家の中にはシクラメンだの蘭だのセントポーリアだの・・・
庭にも数々の植物があって、母の手は日焼けでできたシミだらけです。
私はというと、家の中にある植物がとにかく邪魔で邪魔で。
庭の手入れは面倒くさそうだしチャドクガにやられるのイヤだし、
なにより虫が大嫌いときたものだから、全く庭に興味ありませんでした。

でもこの春から、なんとなくハーブを育ててみたくなって、
ローズマリー・ラベンダー・クレソン・バジルを母に教わりながら始めてみました。
クレソンはあっというまに虫に食べられ、
ラベンダーは花が終わった頃ダメになっちゃいました(涙)
バジルは大収穫、ローズマリーは今ウチのリビングにいます。

何度か書いてるけど、我が家には庭と呼べるスペースが皆無です。
僅かに玄関前に、木が一本くらい植えられるスペースがあるくらい。
そしたらまー反動かな、最近緑が恋しくて。あんなにうっとおしがってたのに。
母方には「みどりのゆび」の流れが確実にあるので、
そのDNAが一応私にも流れているんでしょうね。
地植えがダメなら鉢植えでできるような植物、育ててみたいと思います。
(鉢を置く場所もあんまりないんだけど・苦笑)
今の野望は、玄関ポーチでオリーブの鉢植えを育てること!
kimiさんは自転車置きたがってるけど、そうはいかないもんね~(笑)
[PR]
by katze-moco | 2007-11-09 21:01 | 暮らし | Comments(2)