これも縁。

小学校時代からの友達から「里帰りしてるよ~」という連絡があり、
隣町まで遊びに行ってきました。
もうじき2才になる坊やと一緒。
この前彼女と会った時には、ちょうど彼はお腹の中にいたので、初対面です。

keiちゃんとは小学校2年の時からのつき合いです。
その頃は私と彼女、教室のオルガンを争って張り合いまくり(笑)
はっきり言って仲は良くなかったのです。
3年になる時に新しい小学校ができて、
keiちゃんが向こうの学校に移ったときには、せいせいしてました。あはは。

それが中学1年の時に、市内の音楽発表会で再会し、
同じ楽器をやってることがわかりました。
そこからは文通(!隣町とはいえ歩いても40~50分なのに)友達になりました。

思えばここから、私とkeiちゃんは同じような道を歩いてきたようです。
それぞれ進んだ高校の吹奏楽部は、毎年のコンクールで同じような成績。
同じような時期から、専門の先生のレッスンを受け始め、
それぞれ同じようなレベルの音大へ進み、
keiちゃんは地方の音大の院へ、
私は他音大の研究科から、更にその音大の、地方にある関連校へ。
お互い地元に戻ってからは、よくアンサンブルしてました。

3年前にkeiちゃんが結婚して、
この点ではず~っと先に行かれちゃったんだけど(笑)、
keiちゃんのご主人は結婚前に家を買い、
うちのkimiさんは結婚前に家を建て、
そしてどちらもお義母さんと同居です。
そしてそして、ほんとに笑ってしまうことに私とkimiさん、
keiちゃんと同じ所で結婚式するかも(^^;
私の弟の結婚式が、偶然keiちゃんと同系列の式場だったんだけど、
料理がとても美味しかったものだから、
他の会場も料理の評価が高いこの系列を、私達もチェックしてました。
そしたらkimiさんが、keiちゃん達の式場から見える景色を気に入っちゃって。
どこまで同じ道歩いたら気が済むの?って感じだよね~って、
keiちゃんと笑っちゃいました。

もうずっと、keiちゃんと合わせしていないねえ。
早く復帰しておいで~♪
(その頃は私が吹けない状態だったりして・・・)
[PR]
by katze-moco | 2007-04-25 23:25 | 暮らし | Comments(0)