安曇野爆走記

前回記事として携帯から送信したように、土曜日私は安曇野を走っていました。
この日kimiさんは松本での集まりがあって、最初「電車で行こうかな」と言っていました。
私は生徒さんも1人入っていたので、今回は見送ろうと思っていたのですが、
kimiさん木曜日の夜、いきなり「車で行く」と言い出したのです。
それも高速1000円の恩恵を受けるため、下道も多く使うと。。
この週、kimiさんの帰宅時間はほとんど23~24時過ぎで、それから夕食。
わりとすぐに頭痛おこしたり、めまい起こすような人なので、1人でのロングドライブは心配。。
それで金曜日に生徒さんに連絡し、日曜日にレッスン変更してもらって、
急遽私もついていくことにしました。
d0113758_16524666.jpg

外環も使ったけどすぐ混みだしたので、浦和で下道へ。
そこから先は東松山で関越に乗ってからも、いたって順調♪




kimiさんの集まりには私は参加しないので、穂高駅で放流されます。
行きたいお店がいくつかあったので、レンタサイクルを借りることにしてました。
問題はママチャリにするか電動自転車にするか。
レンタサイクルの店でもらったサイクリングマップに全てのお店が載ってたので、
店のおばちゃんに相談したら「やっぱり電動!」。
私が行きたい場所は全て穂高駅の西側、山の方だったのです。
初めての電動自転車で教えてもらった道を走りました。

徐々に上っていく道だったけど、確かに楽!
最初のうちはまだ周りの風景は田園地帯で、交通量もそうありません。
広々とあたりが見渡せて前方には北アルプス。。つい若者言葉で独り言。
「やっべー、ちょー気持ちいい!!」(笑)

最初の目的地はアートヒルズでしたが、まずはその近くにあるパン屋で昼食。
「パンとスープの香り・あづみ野の朝」というユニークな店名です。
d0113758_1731492.jpg

さすがに寒かったので、かぼちゃのスープが美味しかったです。
見晴らしもいい店でした~。

アートヒルズでなぜかiittalaの限定taikaオーナメント(非売品)を見たり、
TOHKAというオイルランプに心ひかれたり。いつかは欲しいぞTOHKA・・・。
それから山麓道路を北上し、気になるお店をいくつか回りました。
途中、別荘地の中を通る車一台分の幅の、未舗装道路を走った時には大変でした。
特に下り!転びそうになるんだもん~。翌日しっかり腕が筋肉痛になりました(^^;
山麓道路は当たり前のように車ばかり。自転車の人は2人しか見なかったなー。
レンタサイクル借りる人は大抵、穂高駅より東側のわさび田の方に行くのかな。
電動自転車のおかげで、そう疲れなかったんですけどね。

そして見つけたこのお気に入り!
d0113758_17101153.jpg

布・手作りバッグなどの店「十色屋(といろや)」で見つけたコースターです。
山麓道路から少し登った所にある店で、素敵な布の暖簾やパネルもありました。
コースターはこの美しい発色にやられました~。
あとでkimiさんに見せたら、思いの外くいつきがよかったです(^^)

十色屋を出たらあとは駅へ戻るのみ。
「帰りはこの道使うといいよー」と教えてもらった道は・・・
d0113758_17133083.jpg

このご時勢、14時台だからといって、こんな道を1人で走っていいのでしょうか(^^;
かなーり下界の集落につくまで、人にあわなかったよ・・・。
下ったあたりは、駅でいうと大糸線の有明駅のあたり。穂高より北の町です。
かなり風も冷たくなっていた上に、乗る予定の電車の時間まで30分ほど。
この辺から結構焦り気味で自転車を走らせました。
それでも穂高駅前の「花岡」でわさび漬け&セロリの粕漬けはget。
最終的にバッテリーも使い切って、14時30分頃レンタサイクル店に戻りました。
3時間。おばちゃんの言った通りでした~。
d0113758_17175992.jpg

穂高駅のホームから北アルプスを。山の方には雲が少しあったけど、
とてもいい天気でした。久々に山の顔を見られた~♪

「松本15時」という約束だったのに、
15時に「今から松本へ向かう」というメールを送ってきたkimiさん(怒)
松本へ行くといつも歩く場所をぶらぶらして時間つぶししましたよ。
d0113758_17202723.jpg

松本ICから高速に乗ったのが17時ちょっと前。
その後ちょっとだけ小仏トンネル付近で渋滞があったけど、すぐに抜けました。
八王子で降りて下道を使い、帰宅したのは22時頃でした。
なかなかのハードスケジュールだったけど、久しぶりの小旅行。楽しかった~☆

昨日の日曜日、車で行くのに足大丈夫か?と思ったけど、
幸い足の筋肉痛はナシ!ちょっと自信持っちゃうぞ~(笑)
[PR]
by katze-moco | 2009-11-23 17:24 | 旅行・お出かけ | Comments(0)