無事終わりました。

父の手術、昨日無事に終わりました。
心配してくださってありがとうございます。

朝の8時15分に手術室に入るので、家族は30分前までに来るよう言われたのですが、
父からもう少し早く来て欲しいと言われ、7時半に行くことになりました。
6時50分過ぎに母と一緒に実家を出て、大した渋滞もなく病院の駐車場へ。
するとちょうど駐車券を取っている時、私の携帯に父から電話。
「今どこ?遅いから電話したんだけど。」・・・・この時7時29分・・・。
まあね、初めてのことだからナーバスになっているんでしょうけど。。

予定時刻に手術が始まり、そこからが長かったですね~。
母と交代で買い物に行ったり昼食を取ったり。
何も本を持っていかなかったので、父が持っていた本を2冊借りました。
東野圭吾の「予知夢」と「片想い」。途中うつらうつらしながらも読みきっちゃった(^^;
看護師さんから手術終了を知らされ、担当医のお話を聞きに行ったのが15時頃。
その後小一時間ほどして父が病室に戻り、少し熱が出たり違和感を訴えたりしたので、
様子を見ながらもう1時間ほど病室で付き添い、病院を出たのは18時半でした。

今朝また病院へ行ったところ、もう酸素マスクははずされ水も飲めるようになってました。
看護師さんに付き添われて病棟の廊下を歩いたりも。
「明日おかゆが食べられるんだ(^^)」と、なんだかとても楽しみにしてました。
できることならしたくない経験だったと思うけど、今まで健康を過信してた人だから、
これを機に少し加減しながら生活してほしいものです。
せっかく母も元気になったんだし。2人でゆったり楽しく暮らしていって欲しいなあ。
[PR]
Commented by naru at 2009-10-25 08:58 x
お父様、よかったですね。 ほっとされた事でしょうね。
お母様もmocoさんも。 
お疲れ様でした。 ゆったり楽しく。。本当にそうですね。
私も両親の体が心配です。健康とは言えない二人ですが
パワフルな行動を見ると「やめなよー」と言いたくなりますが
二人が幸せならいいのかな。

こういう経験でまた家族の絆が強くなりますね。
きっとご両親も健康に気をつけて二人の人生を
楽しんでいかれるのでしょうね♪
Commented by sbtmtm at 2009-10-26 12:50
朝8時15分~15時までだったら大手術だよ~。
でも無事終わってよかった~。
術後の回復が順調にいくといいですね^^。

私の両親も大きな病気を一つずつしていて(私の学生時代に)、それから健康に気をつかうようになりました。おかげでその後は2人とも大病をせず元気です^^。

Commented by megvery at 2009-10-26 16:36
手術、無事終わられてよかったですね!
お父様の緊張もわかります~。私も手術経験ゼロだからめちゃくちゃびびっちゃいそうです。
おかゆ、おいしく召し上がったかな?
早く退院できるといいですね。

東野圭吾の小説、両方とも読んでいます。
片想いって・・・・どう思いました?なんだか私的にはう~ん・・・という感想です。
私は「時生」と「容疑者Xの献身」(映画は見ていません)が好きです^^
Commented by yukotkk at 2009-10-27 15:13
お父様の手術、無事に終わってよかったですね!
ほんと、手術時間からしたらけっこう大きな手術だったようですが、
術後は比較的お元気そうな様子なので、ひとまず安心ですね。
前回の記事で思ったのですがお父様、私の父と同じ歳です!
私もmocoさんと同級生ですしねー。
両親の健康状態が気になる年代ですね^^;

あとね、ピアノの話に戻りますが、そうなんです~
12月に息子のピアノの発表会が予定されてて
その中の1曲は親子で連弾予定なのーー!
まさにお返事に書かれてたとおりだったのでビックリしちゃいました^^
Commented by katze-moco at 2009-10-27 19:34
■naruさん
ありがとうございます。
なにぶん今まで、身内が手術したという経験がなかったので、
実は手術が終わるまではあまり深刻に考えてませんでした。
それが術後の、呂律が回ってない父を見たあたりでようやく、
「大変なことだったんだ・・・」という実感が湧きました。
今日の時点では、管類がほぼ全て取られて結構元気みたい(^^)
今回、弟とも両親のことをじっくり話しました。
こういう機会は必要だったのよね。
Commented by katze-moco at 2009-10-27 19:41
■sbtmtmさん
ありがとうございます。
そうか・・・大手術だったのか・・・。
術前の処置と、術後の麻酔が覚めるまでのそれぞれ1時間も込みなの。
術後の、まさに「青菜に塩」状態の父を見て、
いかに大変だったかを知りました。
おかげさまで、主食はまだおかゆだけど煮物なんかも食べてるそう。
予定通りにいけば土曜日に退院です。

sbtmtmさんのご両親も、それぞれ大病されてるのですね。
今はお元気だそうでよかったけど、
それはsbtmtmさんも当時辛かったでしょうね。
私はなんだか術前は、あまり重大さを感じてなかったけど、
術後に先生の説明を聞くときに切除した部分を見せられて、
その時初めて緊張感を感じました。。
Commented by katze-moco at 2009-10-27 19:58
■megveryさん
ありがとうございます。
父は普段、お腹だの頭だのが痛いということがめったにない人なので、
術後あちこちに通された管類の違和感・痛みが辛かったみたいです。
手術の2日後、kimiさんと一緒に病院へ行ったのが昼時で、
重湯・コーンスープ・ゼリー・ジョアが出てました。
コーンスープが美味しかったみたいです(笑)
もうじき一般食になるらしいので、さぞや楽しみにしていることでしょう♪

東野圭吾、今まで読んだことなかったのです。
ドラマの「ガリレオ」も見てなかったんだけど、kimiさんが好きで、
付き合いで「容疑者X~」をDVDで見たくらい。
片想い・・・いろんな登場人物の心情を感じながら詠みました。
最後、あれはあれで丸く収まったと言えるのかもしれないけど、
切り捨てられてしまった人の心情を思うと、私もうーんって感じかな。
「予知夢」は・・・最後の最後に「・・・え?(冷たい汗が流れる)」
みたいな感じでした。。
Commented by katze-moco at 2009-10-27 20:04
■yukoさん
ありがとうございます。
そうなんですよね。親の健康を考える年代・・・。
いつまでも元気なわけじゃないんですもの。
いろんなことを想定しなくちゃいけませんよね。
そうか~お父さま昭和15年生まれ?偶然だね!
お母さまはおいくつだろう~ウチの母、19年生まれよ~♪

あ、発表会やっぱり~?今ってそうなんですよね♪
親御さんと一緒だとリラックスできるからかな。
一緒に練習する時には上手いこと乗せて乗せて!
何を弾くのかな~頑張ってね(^^)
by katze-moco | 2009-10-24 20:46 | 私のこと | Comments(8)